トヨタホームの標準装備やオプション内容、費用を調べてみた!

トヨタホームの標準装備の中身

防錆加工
標準装備にいれていいのかわかりませんが、トヨタホームの特徴になるのでいれておきます。トヨタホームは車の技術をそのまま建物にも活かしています。車のボディは錆びないよう強い塗装材が使われていますがトヨタホームもその塗装が使われています。その塗装をしてさらにその上に結露を防止する塗装をする使用になっています。そのため長期間すんでいると塗装も劣化して剥げてきます。剥げてくるとその部分から結露が発生してしまいますがそこからさらに錆びるところまでを防ぐことができます。錆びてしまうと地震への耐久力どころか倒壊の危険性もあります。そのためトヨタホームは独自の防錆加工までをしているので錆びにくく、耐久力の高い家を作ることができます。ただ、結露を防ぐ塗装は普通のものだと思いますので、工法的に結露を防ぐ仕組みになっていますが結露に関しては他のメーカーと変わらないと考えています。

ペアガラス
トヨタホームは通常のペアガラスが標準になっています。それ以上、上にいくとオプションになってしまいます。ただ、ペアガラスも保温性、断音性は高いですが現在ではもっとグレードの高いものがあるのでそちらを検討されてもよいかと思います。

ピュア24セントラル
換気システムになります。全館の花粉やPM2.5など有害物質を取り除いて空気をきれいにするようになっています。

トヨタホームのオプション内容や費用

電動シャッター
これが何より一番つけて良かったと好評でした。今は網戸がシャッターのところが多いですが手動のシャッターはガラガラうるさく手間がかかりました。ですがトヨタホームの電動シャッターはとても静かとのことです。台風の夜や、冬場の寒い時期も朝早く開けたいとき子供を起こさずに開けることもできます。しかも電動なので手間がかからず朝の時間も有効に使うことができ、閉めるときも屋外へ出ることなく閉めれるのでそのような点も手間が省くことができます。オプション費用的にも3万ほどでつけられるので安くて人気のようです。

ソーラーパネル
やはりオール電化が魅力で取り付けられる方もいるようです。トヨタホームは快適性を維持するために全館空調システムをいれており電気代がかかります。そのためその電気代を自分達で作るために少しでも導入される方もいるようです。トヨタホームは太陽光のキャンペーンもやっているのでお得と言えばお得ですが自分達で使う分だけでも大量のパネルが必要になるので少し割高になります。

ラロックのドア
最近は多くなってきていますが、ドアがキーを持っているだけで鍵の施錠ができます。トヨタホームはトヨタの会社だけあり、車の技術をそのまま家にも採用しています。両手が塞がっていてもドアを握ったりボタンを押すだけで開けたり閉めたりできますのでとても簡単にできます。最新のもので8万ほどでのようです。

高遮熱断熱ガラス
このガラスはペアガラスなのですがガラスとガラスの間に隙間を開けており、さらにその隙間の部分に特殊な金属シートをいれています。そのガラスは室内の空気を逃がさず、また、外の熱の影響を受けないことが効果としてあげられます。そのため夏は日差しが強くても日の影響、暑さの影響も受けません。また、冬の時期は室内の温度を外には逃がさず、夏同様外の空気の影響も受けないので室内が温かくキープされています。ペアガラスですので防音声にも優れているため快適に過ごすために優れています。

スマートエアーズ
室内全体の温度も一定にしてくれるのでヒートショックも起こりにくく、室内の結露も防いでくれます。そのため快適性の高い家を作ることができます。初期費用的に 100万ほどのようです。

トヨタホームは調べてみましたが標準装備での種類はグレードはあまり魅力的なものがなく、ほとんどがオプションになります。購入前にオプション費用が高くなることを考慮された方がよいと思います。