トヨタホームの二世帯の評判は?坪単価や間取り図など解説!

トヨタホームの二世帯の特徴、評判は?

トヨタホームの二世帯住宅は四つのプランがあります。①全部共用タイプ、これは玄関から浴室まで全親世帯も子世帯も一緒に使っていくタイプです。②部分共用タイプ、例えば玄関と浴室は共用して使うなど、一部分だけは共用して使い後は各世帯ごとに別れているパターンです。③独立タイプ、これは建物が同じなのですが、キッチンやリビングなど全てそれぞれの世帯が独立しているプランです。同じ建物内でもそれぞれが完全独立しているプランになります。④建物分離タイプ、これは建物自体が別にされているプランです。例えば、子育て中の子世帯は二階建ての家があり、そのとなりに親世帯が平屋の家で暮らし、家と家を渡り廊下で繋いでお互いが簡単に行き来できるようにするプランです。それぞれのプランに別れているため自分達がどのタイプか選びやすく、また二世帯住宅の評判も悪い口コミはなく工場で作るタイプの商品なら比較的安く住むので二世帯住宅の中ではお手頃のようです。

トヨタホームの二世帯の坪単価は?

元々トヨタホームは鉄骨ラーメン構造と鉄骨軸組工法に別れています。鉄骨軸組工法は鉄骨と鉄骨をボルトで固定して建物の枠を作っていきます。そのため現場で建物の大半を建てることになります。ですが、トヨタホームの鉄骨ラーメン構造は鉄骨と鉄骨を工場で完全にくっつけて箱形の枠を作り内装も外装も作ってしまいます。そのため現場では組み立てるだけなので人件費もクレーン車のレンタル料もほとんどかかりません。そのため坪単価的にも他のメーカーよりは安めの方かもしれませんが、やはり二世帯ともなるとどのプランにしようと坪数が多くなります。そして浴室やキッチンをそれぞれの世帯で別につけるとなるとどんどん値段は膨れ上がります。なので装備に寄ってかなり差が出てきますが、50万~75万ほどの人が多いようです。

トヨタホームの二世帯の間取り図は?

1 三階建て 延床面積 54坪
1F
2F

3F

三階建てになります。一階、二階は子世帯に、3階を親世帯にという別れ方です。玄関は共用ですが後は全て独立しています。親世帯が三階になりますので少し珍しいですが出掛けるときなどに子供夫婦と何気ない会話ができたり、適度な距離を置くことができたりと気兼ねなくお互いが生活できます。親世帯はリビングが広く後は寝室と浴室、トイレと無駄のない間取りになっており移動にも不便しません。子世帯は居間を含めるとリビングが一階の大半を閉めており人の動きが把握しやすく、洋室やホールもあり室内で遊ぶスペースがあるので子育てにもピッタリです。親世帯、子世帯と協力し合いながら子育てができるところが魅力的な二世帯住宅になっています。
https://smp.suumo.jp/chumon/shizuoka/jitsurei/108197_0000/jc_0057/?suit=nsuusbsa20100707001

2 二階建て 延床面積 80坪
1F

2F

建物は共用ですが一階と二階で完全独立タイプです。子供部屋と遊ぶスペースがあり、子育てもしやすい点と、洗濯物など家事がしやすいところが特徴的です。どちらもリビングが広くリビングが全ての部屋に繋がっているので人の動きが把握しやすく、洗面所からバルコニーやテラスが繋がっているので洗濯物を干すにもとても便利な間取りになっています。廊下を無くしている分、そのスペースをリビングにしているのでとても広くのびのびとした間取りになっています。お互いが近くにいるためお互いを頼ることができ、子育ても協力しながらすることができます。
https://smp.suumo.jp/chumon/fukuoka/jitsurei/108197_0000/jc_0082/?suit=nsuusbsa20100707001

3 三階建て 延床面積 45坪
1F

2F
3F

これは敷地面積が小さくても二世帯住宅を建てられた方の間取りです。親世帯と子世帯で完全独立タイプですが一階を親世帯にしてあり無駄のない間取りにしてあります。二階からは子世帯でありほぼリビングにしてあります。三階は子供部屋と寝室であり、それぞれの世帯も収納スペースまで確保されているので片付けも困らず、そばにいるけど独立しているので気兼ねなく生活できる間取りになっています。
https://smp.suumo.jp/chumon/aichi/jitsurei/108197_0000/jc_0086/?suit=nsuusbsa20100707001