トヨタホームの耐震性能はどうなの?

スポンサーリンク

トヨタホームはシンセシリーズは鉄骨ラーメン構造ですが、耐震等級3を獲得しています。それは特徴があり、通常100㎜幅の鉄骨を使うのですが、トヨタホームは125㎜の鉄骨を使っています。そのため柱一本一本が強く、より強い衝撃に耐えられます。ですがトヨタホームの鉄骨の柱は厚さ約3㎜ほどで中が空洞になっているので、それだけだと内壁、外壁と張っていきさらに生活がシステムを導入していくと建物の重さが何十トンという重さになりますので鉄骨がその重さに耐えられなくなる恐れがあります。そこでトヨタホームはさらに125㎜の鉄骨柱の内部に鉄板の板をいれて強度を上げています。また、オプションになるのですが、筋交いをいれてさらにクッションの役割をするT4システムを導入しています。そうすることにより強い横揺れも受け流し、より地震に強い家にすることができます。ですがそれを一ついれることで40万ほどかかるようです。建物の大きさにもよりますが、それを4ヵ所~6ヵ所もいれなければ意味がないので200万~300万ほどかかってしまいます。鉄骨ラーメン構造だけでも耐震等級3ですのでいれなくてもいいかと考えます。

エスパシオシリーズは工場ではなく、現場で組み立てていく仕組みになっているので建物の間取りも細かいところまで自由に建てられます。ですがシンセシリーズとは仕組み自体がが違うので耐震工法も違ってきます。柱と柱の間をラチス柱を追加して強度を上げています。ラチスとは細い鉄の棒をWの文字に変形させていき溶接で接続していきます。そうすることにより横揺れの地震により強く建物を維持することができます。

標準設備や商品の特徴はカタログが詳しい!

☞ 希望メーカーのカタログを無料一括取り寄せはこちら

トヨタホームの地震への影響、評判は?

地震に強い
シンセシリーズを購入したのですがしばらくした震度6の大きな地震が来ました。揺れには揺れましたがどこも壊れることはなく頑丈さがわかりました。T4システムはいれませんでしたが充分それでも強いと思います。

頑丈なのはうれしいけど
何度も小さい地震が来ました。建物は内側にも外壁にもヒビが入ることなく地震の影響がなくて丈夫です。ですが横揺れをモロに受けてしまうため揺れがすごくわかります。揺れを逃がすのではなく耐えるという感じなので強いと思いますが、揺れがとてもよくわかります。

鉄骨ラーメン構造が安心
鉄骨ラーメン構造は高層ビルや高層マンションに使われる工法でそれで家をたてられるなら地震にも充分強いと感じました。避難場所に指定されている公民館や小学校も等級2が要求されているときき、それ以上の等級3なのでより安心です。

理想の家づくりはカタログ請求から!

マイホームを検討した人の約8割が平均15社以上カタログ請求・比較するという結果が判明しています(リクルート住まいカンパニー調べ)

家づくり成功の秘訣はカタログ集めから始まるといっても過言ではないです。

希望の予算や家のタイプ(平屋か2階建てか二世帯かなど)、メーカーなどから目的に合わせて複数社からカタログの一括取り寄せが可能。もちろん無料です。

【無料】カタログ一括請求はこちら

トヨタホーム
スポンサーリンク
フォローする
住まいハック