ユニバーサルホームの標準装備やオプション内容、費用を調べてみた!

標準設備や商品の特徴はカタログが詳しい!

☞ 希望メーカーのカタログを無料一括取り寄せはこちら

ユニバーサルホームの標準装備(標準仕様)の中身!

施主にとってマイホームを買うという事は大きな決断だと思います。
せっかくなら安くお得に便利なマイホームを買いたいと考えますよね。

住宅において標準装備の充実性はとても重要なポイントです。
標準の状態でいかに便利で快適なのかによって住宅メーカーの評判は大きく変わるのです。
オプションを付けてやっと住みやすくなるようなメーカーの家は良い家とは言えません。

しかし、オプションにも様々な種類があり、生活を便利にするものから見た目を好みにするものまで色々です。
もしもオプションを付けるのなら厳選して便利なものを付けたいですよね?

そこで今回はユニバーサルホームの住宅の標準仕様について調べてみました。
ユニバーサルホームは元々住宅のグレードが高いことで知られたメーカーです。
実際の標準装備でもそういったこだわりがあるのかどうか調べてみました。

・地熱床冷暖システムが標準装備!

ユニバーサルホームの商品には他のメーカーと違う大きな点があります。
それは、地熱を使った床冷暖房システムを標準搭載しているという点です。
世間の評判では地熱床システムの為にユニバーサルホームをえらぶ!なんて声が聞かれるほどです。

冬の冷たい床を温かくするだけではない地熱床システム。
15~25℃の一定の温度を保ち続けるので、夏には足元がひんやりと涼しく感じられるのです。
足元の温度を快適にすることで、空調効率や床暖房効率が上がり、電気代の削減にもつながります。

標準装備で住宅の1階床は全面的にこの地熱床システムが導入されます。

・ALC外壁

ユニバーサルホームのもう一つの大きな特徴にALC外壁があります。
ALCとは軽量発泡コンクリートの事で、軽く丈夫な建材として有名です。
耐火性・断熱性に富んでいて、遮音性能が高いことで高級ながら人気の外壁材です。

多くの住宅メーカーではサイディングボードという外壁材を採用する中、高価なALCを採用することにより差別化を図っています。
しかしALCには弱点もあり、吸水性が高いという事が挙げられます。
調湿効果を持っているALCは高い吸水性を持っているので、雨水を含みやすいのです。
耐水の被膜でコーティングしますが、このコーティングが弱くなると外壁に傷みが出やすくなってしまいます。
定期的なメンテナンスを必要とするので、維持費がかかる場合があります。

・バス

ユニバーサルホームの浴室標準装備はTOTOのサザナという商品です。
こちらのサザナはTOTOのシステムバスの中でも人気の高いモデルとなっています。
ヒートショックを起こさないように設計された「ほっカラリ床」が採用されているので、高齢者にも安心です。
またこの床材は見た目はまるでタイルのようですが、触ってみるととても柔らかい素材で作られています。
膝をついたり直に座っても痛くなりづらいので、お子様をお風呂に入れるときも安全です。
また空気を含んだたっぷりの水滴で浴びた感を感じられるエアインシャワーも搭載されています。
この機能がサザナの人気の要因です。
節水しながら快適な浴び心地を感じる事が出来ます。

もう一つの人気要素として「魔法瓶浴槽」があります。
TOTO独自の技術により溜めたお湯が時間がたっても冷めづらい保温性の高い浴槽です。

・トイレ

トイレの標準装備はTOTOとLIXILの2社から選ぶことができます。
標準装備ではタンク手洗い付き便器が装備されています。
2階建て住宅の2階にもトイレを入れたい場合にはオプションになるようです。

・太陽光発電

ソラ・イロ+という住宅商品には標準装備で太陽光発電設備が搭載されています。
太陽光発電設備はそれだけで150~200万円は下らない高額な設備です。
そんな高額商品である太陽光発電が初期投資なしで手に入るのは大きなメリットと言えると思います。

ユニバーサルホームのオプション内容と費用

ここまではユニバーサルホームが用意している標準仕様についてご紹介してきました。
ユニバーサルホームの住宅は基本的な標準装備といった感じです。
大きなメリットといえばソラ・イロ+の太陽光発電設備と全商品共通の地熱床システムです。

・外壁ALCを通風タイプに変更

前述しましたようにユニバーサルホームでは外壁に高性能ALCを採用しています。
このALCを通風性の高い外壁材に変更する事が出来るのですが、この変更オプションには200万円ほどかかるようです。
標準で付いているものの性能が高いだけに、オプション金額がとても高く設定されているようです。

理想の家づくりはカタログ請求から!

マイホームを検討した人の約8割が平均15社以上カタログ請求・比較するという結果が判明しています(リクルート住まいカンパニー調べ)

家づくり成功の秘訣はカタログ集めから始まるといっても過言ではないです。

希望の予算や家のタイプ(平屋か2階建てか二世帯かなど)、メーカーなどから目的に合わせて複数社からカタログの一括取り寄せが可能。もちろん無料です。

【無料】カタログ一括請求はこちら

ユニバーサルホーム
フォローする
住まいハック