ユニバーサルホームの二世帯の評判は?坪単価や間取り図など解説!

標準設備や商品の特徴はカタログが詳しい!

☞ 希望メーカーのカタログを無料一括取り寄せはこちら

ユニバーサルホームの二世帯の特徴・評判は?

近年二世帯住宅の需要は年々高まりを見せています。
その背景には、高齢化社会と若い世代の賃金、収入の低下があるとされています。
今までは親世帯の高齢化に伴い、二世帯住宅での同居を求めるというのが一般的な流れでした。
しかし現在ではマイホームを買いたいけれど金銭的に手が出ない方が、2世帯で折半して購入するケースも出てきています。

二世帯住宅には大きく分けて2つのメリットがあります。
先述しましたが、親世帯と子世帯がお金を合わせて購入できるという点。
もう一つは、孫と祖父母のコミュニケーションの場所が作れるという点です。

また、二世帯住宅には相続に関するメリットも存在します。
同居の定義「玄関が1つ・住宅内部で行き来ができる・世帯ごとに区分されていない」の3つを守ることで相続税の減免措置を受けることが可能となります。

一方で、二世帯同居にはデメリットもいくつか存在します。
子世帯にはバリバリ働いている方も多いと思われます。
すると、親世帯との生活時間にずれが生じて、足音や水音などの生活音がフラストレーションの元になりうるのです。。

今のご時世に必要とされているのはお互いに思いやりを持ち、付かず離れずの距離感を保つことができる二世帯住宅です。
今回はユニバーサルホームが手掛けている二世帯住宅をご紹介いたします。

ユニバーサルホームの二世帯の坪単価は?

ユニバーサルホームでは二世帯専用住宅プラン「ウィズ・ハート」を販売しています。
親世帯と子世帯の距離感やお互いのライフスタイルを考慮し、必要にあった間取りの住宅が作れるようです。
ウェブページにもウィズ・ハートの専用ページがあり、コンセプトや間取りを紹介しています。

前述しましたが、二世帯住宅にはお互いの程よい距離感が重要となってきます。
付かず離れずの距離を維持することで良い関係性を築くことが可能になるのです。
そのために、住まいのカタチの工夫を凝らしていく必要があります。

二世帯同居にはいくつかのパターンがあり、適したものを選んで快適な住まいづくりをすることが重要です。
同居パターンは以下の通りです。

・分離タイプ

1つの住居に別々の玄関と、水回り等すべてを分離して作る「分離タイプ」。
日々の生活をすべて分離するため、生活時間や生活音を気にする必要はほとんどありません。
お互いが近くにいることを感じながらも気兼ねなく暮らしていけるのです。
互いの生活を尊重したスタイルです。

・融合分離タイプ

融合分離タイプとは、住居のある一定部分を共有するプランです。
玄関や水回り(浴室等)を共有することでお互いの気配を感じながら生活ができます。
基本的な生活空間は分離されているので、プライバシーが確保されているのも大きなメリットと言えます。

・共用タイプ

住宅における機能的空間を共有するプランです。
キッチンや浴室、リビングなどを共有して家族全員で暮らすことができます。
すべての世代が1つの住宅で暮らしていくことでお互いに触れ合いながら生活ができます。

価格に関して言えば、ユニバーサルホームは比較的低価格な住宅メーカーとして知られています。
二世帯住宅を購入するときの価格は坪単価で40~50万円ほどと言われています。
ローコスト住宅メーカーに比べると少し高価な部類に入ると考えられます。

ユニバーサルホームの二世帯の間取り図は?

ユニバーサルホームでは二世帯専用の住宅プラン「ウィズ・ハート」が用意されています。
実際にどんな間取りの二世帯住宅を販売しているのか調べてみました。

・間取り1:木造軸組構法2階建て

玄関を共有する二世帯住宅プランです。
お互いの存在を常に感じながら、プライベートスペースを確保することが可能です。
主に1階と2階に分かれて生活することになり、水回りは各フロアに完備されています。
共有するのは玄関だけで、そのほかは分離という今の時世に合った二世帯同居のカタチと言えるでしょう。

ウィズ・ハート|注文住宅のユニバーサルホーム

理想の家づくりはカタログ請求から!

マイホームを検討した人の約8割が平均15社以上カタログ請求・比較するという結果が判明しています(リクルート住まいカンパニー調べ)

家づくり成功の秘訣はカタログ集めから始まるといっても過言ではないです。

希望の予算や家のタイプ(平屋か2階建てか二世帯かなど)、メーカーなどから目的に合わせて複数社からカタログの一括取り寄せが可能。もちろん無料です。

【無料】カタログ一括請求はこちら

ユニバーサルホーム
フォローする
住まいハック