ユニバーサルホームのQ値・C値は?快適性や電気代など調べました!

標準設備や商品の特徴はカタログが詳しい!

☞ 希望メーカーのカタログを無料一括取り寄せはこちら

ユニバーサルホームの快適性は?

マイホームを買うという事は人生において大きな決断だと思います。
せっかくマイホームを購入するのであれば、デザインや内装に凝った素敵なものが欲しいと思いますよね?
住宅にはデザインや間取りなどこだわりを現せる部分が沢山存在します。
しかし住宅において本当に大事なのは見た目ではなく住み心地なのです。

快適性という考え方が住宅において最も必要なポイントです。。
見た目が良いに越したことはありません。
しかし、快適性に住んだ後に気が付いても遅いのです。

快適性と一口に言ってもその種類は様々で、断熱性・気密性などが挙げられます。
今回はユニバーサルホームが展開している快適性へのこだわりをご紹介いたします。

・地熱床システム

ユニバーサルホームが標準採用している「地熱床システム」。
住宅基礎を独自の工法で造っているので、1階の床は全て地熱床システムの恩恵を受ける事が出来ます。
冬にはじんわりと温かく、夏にはひんやり冷たい床を維持してくれます。
空調効率を高めて、電気代の削減にも貢献します。
また、1階に関しては床暖房が標準装備しています。
冬のエアコンの乾燥した空気が嫌いな人にはもってこいの設備と言えるでしょう。

・発泡ウレタンフォーム

ユニバーサルホームでは断熱材に発泡ウレタンフォームを採用しています。
構造の間をみっしりと埋めるようにウレタンフォームが覆うので、一般的なはめ込み系断熱材よりも断熱性が高くなっています。
また、このウレタンフォームは断熱性だけに特化しているわけではありません。
気密性・吸音性能にも優れており、より快適な空間をお客様に提供できるのです。

・Low-E複層ガラス・樹脂サッシ

Low-E複層ガラスとは、2枚のガラスの間に空気の層を造ることで室なに空気を外に逃がしづらくなるガラスです。
表面を特殊金属でコーティングしているため、太陽光の直射熱も遮る優れものです。
樹脂サッシは、一般のサッシに比べ熱伝導率の低い樹脂を使う事により、断熱性のより高いものになっています。
結露も起こりにくく、カビが生えるリスクも低減します。
この2つが合わさることで、高い断熱性と気密性を実現しているのです。

・高性能外壁材ALC

ALCとは発泡軽量コンクリートの事で、丈夫で高性能な建材として人気が高いのです。
断熱性・耐火性・遮音性・調湿効果を持っており、住宅だけでなく様々な建物に使われています。
また、自然由来の素材を用いて造っているという事もあり、自然に優しい建材でもあります。

ユニバーサルホームのQ値、断熱性はどう?

熱損失係数をQ値と言い、室内から外へ逃げる気温を数値化したものです。
暖房・冷房の効きの善し悪しはこのQ値に関わってくるのです。

ユニバーサルホームのQ値は、2.7とされています。
次世代省エネ基準における関東地方の基準値は2.7と言われています。
この数値はかろうじてクリアしているといった印象の数値です。
しかし、住宅に施された断熱設備はきちんとしているので、その点は評価に値するポイントです。

ユニバーサルホームのC値、気密性はどう?

C値とは隙間相当面積を数値化したものです。
数値が小さければ小さいほど、住宅の気密性が高いことを示しています。。

ユニバーサルホームが公表しているC値は5.0とこちらも次世代省エネ基準をギリギリクリアしている数値です。
本来なら公表の義務がないC値ですが、こういったように公表している点は安心だと言えます。

ユニバーサルホームの電気代はどうなの?

前項までQ値C値を調べてきました。
ここまでのことを踏まえ、実際にユニバーサルホームの電気代がいくらかかるのかを調べてみました。

ユニバーサルホームは比較的低価格で良い家が建てられる住宅メーカーとして人気です。。
しかし、いくら家を安く変えても住んでからのランニングコストが高くつくようではどうしようもありません。

ユニバーサルホームで住宅を建てかたの1か月の電気代を調べてみました。
地熱床暖房を導入した住宅では17000円/月程度かかるとのことでした。
こちらの方は太陽光発電を取り入れてはいないようなので、太陽光発電を取り入れればもっと安くなることが考えられます。

理想の家づくりはカタログ請求から!

マイホームを検討した人の約8割が平均15社以上カタログ請求・比較するという結果が判明しています(リクルート住まいカンパニー調べ)

家づくり成功の秘訣はカタログ集めから始まるといっても過言ではないです。

希望の予算や家のタイプ(平屋か2階建てか二世帯かなど)、メーカーなどから目的に合わせて複数社からカタログの一括取り寄せが可能。もちろん無料です。

【無料】カタログ一括請求はこちら

ユニバーサルホーム
フォローする
住まいハック