ユニバーサルホームの耐震性能はどうなの?

スポンサーリンク

標準設備や商品の特徴はカタログが詳しい!

☞ 希望メーカーのカタログを無料一括取り寄せはこちら

ユニバーサルホームの耐震性能はどうなの?

昨今、日本国内において大きな自然災害が頻発しています。
最近起きた例だと2011年の東日本大震災と2016年の熊本大地震が記憶に新しいと思います。
このように、ここ十数年でいくつもの自然災害が発生し、その規模は年々大きさを増している印象があります。

そこで、これからの住宅に求められる性能はズバリ「耐震性」です。
ユニバーサルホームは低価格住宅メーカーとして比較的リーズナブルな価格で商品展開をしています。
これからマイホームを買おうとお考えの方にとって安く買えるという事は何よりも魅力ですよね?
しかし、安ければ品質が低くても良いというわけではないと思います。

ユニバーサルホームでは、これまで国内で起きた地震の際の住宅倒壊の件数を公表しているようです。
公式サイトによると、新潟中越地震の際にユニバーサルホームの住宅は倒壊数0だったようです。
こういった数値を公にしている点は信頼に値すると思います。

以上のように住宅を買う際のメーカーの耐震へのこだわりはとても重要なポイントなのです。
ここからはユニバーサルホームがどのような工夫を凝らして丈夫な家づくりをしているのかをご紹介いたします。

・ハイパーフレーム構法耐震等級3

ユニバーサルホームは木造軸組み工法を得意として家づくりを行っています。
軸組構法において重要なポイントは梁と柱の接合です。
この接合部に金物の板とボルトを使用して、構造耐久力を高めているのが「ハイパーフレーム構造」です。
地震等の強い揺れエネルギーに対し、断面欠損を最小限に抑えて強度を高めた住宅を造ることが可能です。

・高性能外壁材ALC

高性能外壁材ALCとは軽量コンクリートパネルの事です。
公式サイトでは写真付きで紹介されていますが、ALCは水に浮くほど軽くとても強靭な建材です。
普通コンクリートの約1/4の軽さという事もあり、大きな地震の際にも強い耐震性と耐火性を発揮しています。

・地熱床システム

ユニバーサルホームでは一般的な住宅基礎である布基礎・ベタ基礎を使っていません。
地熱床という基礎を造ることによって住宅内の床を温めるだけでなく、耐震性も向上させる役割を持っているのです。
細かな砂利を地面から床下まで敷き詰めることにより、その砂利が地震の揺れを吸収・分散させる役割を持ちます。
外部からの揺れエネルギーをクッションのように和らげてくれるのです。

・軽量スレート瓦

住宅への地震の揺れは住宅自体の重さに起因します。
家が重くなればなるほどかかる負担は大きくなるという事です。
ユニバーサルホームが採用している屋根瓦「軽量スレート瓦」は従来の瓦の1/2ほどの重さしかありません。
建物自体の軽量化と重心を下げる効果があり、地震の揺れを低減する事が出来るのです。

・制振装置

住宅の耐震性は構造や基礎に由来するものですが、その他に制振装置というものがあります。
ユニバーサルホームでは地震エネルギーを吸収して揺れを抑制する「MGEO-N63」という制振装置を用意しています。
この制振装置はアルミ合金と高減衰ゴムを用いており、地震エネルギーを吸収、分散させます。

ユニバーサルホームの地震への影響、評判は?

ユニバーサルホームの地震に関する情報を集めてみましたのでご紹介いたします。

評判1:大地震でも耐える頑丈な家

住宅は簡単に壊れてしまうようでは意味がありません。
日本は地震大国と言われるほどに地震の多い国なので、耐震性は欠かせない性能なのです。
ユニバーサルホームでは構造にハイパーフレーム構造を採用し、基礎には地熱床システムを完備しています。
過去に国内で起きた地震での倒壊数0という実績を公表しています。
地震のパターンとして大きな余震がいくつも発生し、そのあとにもっと大きな本震が発生します。
そういった要因を考えて、震度5以上の地震が何度来ても耐えられる家をユニバーサルホームは開発しているのです。
耐震等級は3を実現しているようで、最高等級の住宅を販売していると言えます。

理想の家づくりはカタログ請求から!

マイホームを検討した人の約8割が平均15社以上カタログ請求・比較するという結果が判明しています(リクルート住まいカンパニー調べ)

家づくり成功の秘訣はカタログ集めから始まるといっても過言ではないです。

希望の予算や家のタイプ(平屋か2階建てか二世帯かなど)、メーカーなどから目的に合わせて複数社からカタログの一括取り寄せが可能。もちろん無料です。

【無料】カタログ一括請求はこちら

ユニバーサルホーム
スポンサーリンク
フォローする
住まいハック