ユニバーサルホームの太陽光発電の評判はどうなの?

スポンサーリンク

標準設備や商品の特徴はカタログが詳しい!

☞ 希望メーカーのカタログを無料一括取り寄せはこちら

ユニバーサルホームの太陽光発電の評判は?

今回はユニバーサルホームの太陽光発電設備に関する情報を調べてみました。
太陽光発電は、昨今の地球環境への懸念や省エネの観点からニーズが高まっている設備機器です。

太陽光発電には導入することで得られる大きなメリットがいくつか存在しています。
太陽光発電設備を取り入れることで得られるメリットを2点ご紹介いたします。

1点目は日常生活における電気代の削減です。
太陽光で発電した電気を自家消費することで電力会社から買い入れる電気を削減でき、電気代を削減する事が出来ます。

2点目は売電収入です。
太陽光発電で得た電気を電力会社に売ることで利益を得る事ができます。
この制度を売電と言いますが、この売電収入が太陽光発電の大きなメリットで、これを目的に太陽光発電設備を導入する方は多いのです。

実際にユニバーサルホームで太陽光発電設備を取り入れた方の評価を集めてみました。

評判1:メリットデメリットを考えても設置した方が良い

ユニバーサルホームでは初期投資0円で太陽光発電を始められるソラ・イロ+という商品が存在します。
通常であれば100万円以上かかる設備費にプラスして設置費がかかるものをすべて0円で取り付けられるのです。
初期費用が掛からない分、住宅の方にお金を回す事が出来、発電した電力を売ってその売電収入でローンを返済していくことが可能です。
太陽光発電にはこういった大きなメリットが存在しますが、一方でデメリットも存在しています。
太陽光パネルは設置したからと言ってずっと安定して稼働し続けるとは限りません。
何かの拍子にうまく動かなくなる可能性を孕んでいるのです。
そこで、定期的なメンテナンスが必要となるのです。
こういったデメリットがあるとしても、売電で得られる収入はやはり魅力なのです。

評判2:太陽光発電を乗せないという選択肢

ユニバーサルホームの住宅が太陽光発電を標準装備としていることが気になっていました。
最初は太陽光発電を設置しようと考えていました。
しかし、色々と調べていくとデメリットになる部分がとても多く感じられたので設置を辞めることにしました。
メリットとして感じられたのは電気代の削減が出来るという事。
他には災害時や停電時に蓄電してある電気を使う事が出来るという点です。
しかし、それら以上にデメリットが目立っている印象でした。
売電の価格は年々落ちているし、維持費がかかるし何より住宅の外観を損なうという事がとても耐えられませんでした。
設備的には付けても損のあるものでは無かったですが、以上の要因から私は付けるのを辞めました。

評判3:手入れが気になってしまう

太陽光発電において一番重要なのは発電量だと思います。
太陽光パネルが汚れてしまうと発電量が落ちるという事で、こまめな手入れが必要になるようです。
几帳面な私にとって汚れによって発電量が落ちてしまうという事はとても気になってしまいます。
かといって自分で屋根に上ってパネルを掃除することはできないと思い設置を悩んでしまいます。
汚れによって発電量が左右されてしまうというのは、かなり大事なポイントに感じました。
定期的な掃除とメンテナンスが出来るかがカギだと思います。

ユニバーサルホームの太陽光発電にかかる費用は?

一般的に、太陽光発電設備を導入するには150万円以上が初期投資でかかると言われています。
元々の価格がかなり高額で、導入だけでとても高額が掛かってしまいます。

ユニバーサルホームの「ソラ・イロ+」という商品では太陽光発電に伴う設備がすべて標準で付いてきます。
つまり、初期投資ゼロで太陽光発電を始められるのです。
電気代を削減でき、売電収入を得られるのは大きなメリットですね。

また、売電収入をローンの返済に充てられることもメリットの一つだと考えられます。

ユニバーサルホームの太陽光発電の売電収入はどうなの?

太陽光発電を導入することで得られるメリットは売電収入と電気代の削減だとお話ししました。
売電収入で住宅ローンの一部を返済していき、完済した後の売電収入は全て施主の収益になります。

ユニバーサルホームの太陽光発電でどれくらい発電が出来たのかというデータはありませんでした。
導入する前に営業担当にお話を聞いてみるのが良いかと思われます。

理想の家づくりはカタログ請求から!

マイホームを検討した人の約8割が平均15社以上カタログ請求・比較するという結果が判明しています(リクルート住まいカンパニー調べ)

家づくり成功の秘訣はカタログ集めから始まるといっても過言ではないです。

希望の予算や家のタイプ(平屋か2階建てか二世帯かなど)、メーカーなどから目的に合わせて複数社からカタログの一括取り寄せが可能。もちろん無料です。

【無料】カタログ一括請求はこちら

ユニバーサルホーム
スポンサーリンク
フォローする
住まいハック