ウィザースホームの二世帯の評判は?坪単価や間取り図など解説!

ウィザースホームの二世帯の特徴・評判は?

昨今、二世帯住宅のニーズは高まり続けています。
老朽化する住宅事情や進む高齢化、若い世代の低賃金化等、国内情勢が要因と考えられています。
また、他の要因として子育てがしにくくなったという声も上がっています。
このように各世代で二世帯同居を望む割合は増え続けているのが現状です。
住宅購入費を両世帯で一緒に出し合えば通常マイホームを買うよりも安く家が手に入るのも魅力のようです。

また、二世帯住宅には相続に関するメリットも存在します。
同居の定義「玄関が1つ・住宅内部で行き来ができる・世帯ごとに区分されていない」の3つを守ることで相続税の減免措置を受けることが可能となります。

一方で、二世帯同居にはデメリットもいくつか存在します。
特にお互いの生活時間のずれからくる関係性のギクシャクが問題視されているようです。
子世帯はバリバリお仕事をしている事がほとんどですので、仕事を定年退職された親世帯とは根本的に生活時間が合いません。
そうすると水回りを利用する時間にずれが生じて生活音にフラストレーションがたまると言ったことがあるのです。

そこで、必要となるポイントがお互いがお互いを考え、付かず離れずの距離感を保つことが必要になるのです。
今回はウィザースホームが手掛けている二世帯住宅をご紹介いたします。

ウィザースホームの二世帯の坪単価は?

ウィザースホームでは二世帯専用住宅プラン「円居」を販売しています。
前項でお話ししました二世帯同居を心地よいものにするポイントである、「良い距離感」を実践している住宅プランでもあります。
いつもはお互いの生活リズムを重視した生活を送り、集まりたい時には一つの場所に集う事が出来る。
そんな事が出来る間取りづくりを「円居」で実現しました。
二世帯住宅における悩みとして言われるプライバシーの保護に関しても、ウィザースホームは考えています。
お互いの距離感を大事にした住まいづくりを大事にしているのです。

プランは主に4つ。
共有スペースを設ける量を「暮らしシェア率」としてプランを提案しています。

・暮らしシェア率0%

各世帯が1階と2階に完全に分かれ、それぞれの生活を重視するプラン。

・暮らしシェア率20%

玄関を共有しながら1階と2階に分かれて生活し、外出や帰宅の際に声を掛け合えるプラン。

・暮らしシェア率50%

玄関と浴室を共有し、お子さんと親世帯とのスキンシップを深められる住宅プラン。

・暮らしシェア率80%

寝室以外すべてを共有する完全同居型のプラン。

価格に関して言えば、ウィザースホームは中堅住宅メーカーとして知られています。
注文住宅を購入しようとしたときの平均的な坪単価は40~60万円ほどです。
この価格は大手住宅メーカーに比べ半額ほどの金額となりかなりリーズナブルなものだと思います。

ウィザースホームの二世帯の間取り図は?

先述しました通り、ウィザースホームでは円居から4つの住まいプランを提案しています。
そこで今回は暮らしシェア率20%を例にご紹介いたします。
二世帯住宅の部分共有という形をぜひご覧ください。

・間取り1:円居木造パネル構法2階建て

玄関を共有部分として設計された二世帯住宅です。
1階は主に親世帯の住居として設計してあり、リビング・ダイニング・和室・テラスをぐるりと廻れるようになっています。
わずらわしい動線ではなくわかりやすくどこからでも移動できるのは住みやすい住宅の条件とも言われています。
主寝室も広く作られており水回りも大きなスペースを持って設計されているため、ゆったり入浴することも可能です。
2階へは親世帯の生活スペースを通ることなく上がる事が出来ます。
1階と同様、浴室は広くとられておりたっぷりくつろぐ事が出来ます。
リビングとダイニングキッチンは分離して作られているので各室ごとにくつろぎのスペースとしてお使頂けるでしょう。
主寝室と子ども部屋も別々にあり、お互いにプライベートをしっかりと確保できます。

暮らしシェア率20%|円居(まどい)|ウィザースホーム
親両世代が心地良い距離間で穏やかにつながる『円居』。暮らしシェア率の提案で理想的な二世帯住宅を実現します。