ウィザースホームの耐震性能はどうなの?

ウィザースホームの耐震性能はどうなの?

近年、日本国内では大きな自然災害が多発しています。
皆さんの記憶に新しのは2011年の東北大震災と2016年の熊本大地震だと思います。
しかし、これ意外にも大きな自然災害が相次ぎ、その規模も年々大きくなっているように感じられます。
そこでこれからの住宅に求められるのは、「地震等の災害に耐える家」です。
ウィザースホームは中堅ハウスメーカーとして比較的リーズナブルな価格で商品展開をしています。
施主の皆さんにとって安くマイホームを持てるという事はメリットだと思います。
しかし、心配になるのは安い価格と引き換えに耐震性や快適性を犠牲にしていないかですよね。

ウィザースホームではこれまで国内で起きた地震に際した同社物件の倒壊や半壊の棟数は公表しています。
直近ですと、2016年に起きた熊本大地震では倒壊・半壊ともにゼロ件でした。
実際に起きた震災での倒壊数を公開しているメーカーは、こういった情報を見せてもらえると購入への気持ちに繋がりますよね。

ウィザースホームでは「2×4工法」を採用して地震に強い家を造っています。
従来の軸組み工法では横揺れに強くありませんでしたが、面で家を造る2×4工法は地震のエネルギーを分散して、いなすのです。

以上のように住宅を買う際のメーカーの耐震へのこだわりはとても重要なポイントなのです。
ここからはウィザースホームがどのような工夫を凝らして丈夫な家づくりをしているのかをご紹介いたします。

・2×6モノコック構法耐震設計耐震等級3

ウィザースホームが得意としている建築は木造パネル(2×4)構法です。
地震に弱いと言われた木造において、耐震性をアップさせ、コストダウンもできる2×4工法。
この2×4をもっと強くしたものが2×6モノコック構法です。
強固な壁6面で空間を造る枠組み壁工法と言われ、従来の1.5倍の構造強度を実現しています。
この2×6モノコック構法によって耐震強度を高め、耐震等級3に対応しました。
国に認められた地震に強く、丈夫な住宅である言えます。

・ダイヤフラム

先述したモノコック構造はそれぞれ強化された面で構成されているとお話ししました。
その面は枠組み構造と面材を組み合わせたダイヤフラムと言われるものが採用されています。
地震の揺れを面でとらえて分散させることができ、住宅倒壊のリスクを減少させることができます。

・スラブ一体ベタ基礎

ウィザースホームでは住宅自体の耐震を高める技術を採用しています。
しかし、いくら上物が強くてもそれを支える基礎が貧弱ではどうしようもありません。
ウィザースホームの住宅基礎は高強度・高耐震性を実現したスラブ一体ベタ基礎を採用しています。
湿気対策や基礎の安定性を高め、暮らしの基盤を支えます。

・制振システム

いまや住宅を造るうえで導入されることの多くなった制振システム。
ウィザースホームでは早くからこの制振システムを採用し、多くの住宅に導入してきました。
この制振システムはウィザースホーム独自技術で造られたもので、高い制振力を誇っています。

ウィザースホームの地震への影響、評判は?

三菱地所ホームの地震に関する情報を集めてみましたのでご紹介いたします。

評判1:購入の決め手は地震での倒壊数ゼロ

つい最近ウィザースホームでマイホームを購入しました。
購入の決め手となったのは大きな地震でも倒壊が起きなかったという実績があったからです。
2×6工法で建てられた家は本当に丈夫そうで、これから起きるかもしれない地震への対策が出来たなと満足しています。
家自体のデザイン性も高く、丈夫でおしゃれなマイホームです。
価格も大手に比べて安く手に入ったので、家計も助かりました。