ウィザースホームの坪単価はいくら?人気3商品の価格を調査!

標準設備や商品の特徴はカタログが詳しい!

☞ 希望メーカーのカタログを無料一括取り寄せはこちら

ウィザースホームの価格や坪単価は?

ウィザースホームは住宅メーカーの中で比較的安価に建てられる事で知られています。

新昭和グループが直営しているハウスメーカーという事で、住宅を造るノウハウは十分に持っています。

標準仕様のグレードの高さにも定評があり、オプションを付けなくても十分に満足できる家づくりをしているようです。

 

大手と言われる住宅メーカーでは坪単価80~100万円ほどで注文住宅を造っています。

大手住宅メーカーの家が高くなる要因は使われている部材はもちろん、デザイン料とブランド料が多く締めています。

その点、ウィザースホームのような中堅住宅メーカーは良いものを低価格で提供することで人気を獲得しているのです。

 

先述しましたウィザースホームの標準仕様ですが、他メーカーではオプションになるようなことも最初から付いてくるのです。

外壁タイル貼りなどその顕著な例で、大手メーカーではオプションとして人気のある仕上げ法です。

ですが、標準で外壁タイル仕上げが選べ、いくつかのタイルの中からお好きなものを選ぶことができるのです。

 

ここからは人気のあるいくつかのプランをピックアップして、坪単価をご紹介していきたいと思います。

 

 

・#1:リモージュ

 

リモージュはウィザースホームが提供する住宅の中で一番ポピュラーなモデルです。

「理想の暮らし心地を提供する」をコンセプトに安らぎの空間演出を行っています。

タイル張りの外壁は高級感を醸し出し、一つ上のグレードを思わせる外観です。

リモージュの名の通り、タイル陶器にこだわりを持った住宅を表現しました。

モダンな佇まいは都市でも郊外でも町に馴染みやすく、その中でオリジナリティを醸しています。

 

・リモージュの価格と坪単価

 

こちらのリモージュは多くの方に手に届きやすいように価格設定がなされています。

坪単価の目安は40~55万円と比較的安価で、大手の半額ほどの価格で販売しています。

これは標準仕様での金額なのでオプションを付けていくと坪単価55万円にも60万円程度には上がるようです。

住宅相場で行くとローコストハウスメーカーには及びませんが、かなりリースナブルである事がわかります。

しかも、外壁タイル貼りが標準でついてくることを考えればとてもお買い得にも感じます。

 

 

・#2:新 平屋スタイル

 

こちらは昨今ニーズが高まっている平屋型住宅「新 平屋スタイル」です。

構造は2×4の木造パネル構法で、自由設計を売りにしています。

家族の目線を第一に考えた設計で、住まう人みんなが快適に、のびのびと暮らせる住宅です。

オンリーワンのマイホームを手に入れたい方にはぴったりのプランです。

外観は純和風からヨーロピアンスタイル、シンプルスタイルにモダンデザインと幅広く、施主のこだわりによって選ぶことができます。

家族とのつながりを大事にしたい、いつでも存在を身近に感じたい方にはうってつけです。

 

・新 平屋スタイルの価格と坪単価

 

新 平屋スタイルはウィザースホームの中では比較的高価な部類の住宅プランです。

平屋住宅は元来、複層階住宅に比べ価格が高くなる傾向にあります。

そんな売りに新 平屋スタイルの坪単価は50~65万円程度とのことです。

ウィザースホームの中では比較的高いと最初にお話ししましたが、大手の平屋住宅に比べたときにはかなり手ごろな価格設定です。

そのうえ自由設計で外観までいくつかのプランから選ぶことができると考えればむしろ安いと感じるかもしれません。

 

 

・#3:プレステージリアード

 

プレステージリアードとはウィザースホームが提供している住宅の中で最高級に位置するモデルです。

その外観は“家”というよりは“邸宅”と形容するのが正しい佇まいです。

外装はブリックタイルで覆われた高級感あるデザインで、モダンな雰囲気を醸しています。

2×6工法を用いて造られた構造は地震等の災害に強く、快適性も抜群です。

キッチン・バス・トイレは高級感あふれるグレード高い品が採用されており、空間の格式を上げています。

 

・プレステージリアードの価格と坪単価

 

先述しました通り、プレステージリアードはウィザースホームの住宅の中で最高級クラスの商品です。

外観から漂う高級感はブリックタイル総貼り仕上げが醸し出しています。

気になる価格は坪単価50~65万円ほどとのことです。

最高級と謳うだけありウィザースホームの中では一番高価な坪単価です。

しかし、標準仕上げや標準装備のグレードの高さ、自由設計等を考慮すると決してべらぼうに高い金額とは言えなさそうです。

ウィザースホームの価格や坪単価の内訳は?

 

三菱地所ホームが提供している住宅シリーズ。

ここまではおおむねの坪単価についてご紹介してきました。

しかし、実際に家を建てるときにどれくらいの金額がかかるのかが一番知りたいポイントですよね。

ここでは実際に三菱地所ホームで家を建てた方の見積もりを参考にお話をしていきます。

 

 

例)坪数40坪

工事金額2200万円

 

内訳

 

・本体工事:1600万円

・オプション:

・全館空調

・太陽光発電

・付帯工事:500万円

・給排水本管接続

・屋外給排水工事

・ガス工事

・仮設工事

・解体工事

・地盤改良工事

・外構工事

・カーテン工事

 

・経費:100万円

 

以上が内訳となります。

 

・本体工事

 

本体工事とは、住宅を建築するに当たりかかる資材費、人件費をまとめたものです。

工務店によってはどの資材がいくらなのかを明記する場合もあります。

基礎工事から建て方工事、仕上げ工事までがここに区分されます。

かかる費用のほとんどはこの本体工事です。

 

・オプション

 

この項目はお客様によっては見積もりに乗らない部分かもしれません。

省エネ住宅に有効なエネファームや床暖房など付加価値的なものの金額の総額です。

 

・付帯工事

 

付帯工事とは本体工事とは別に、設備系工事や駐車場などの外構工事などの総称です。

上水下水の配管工事からガス設備の工事、土地によっては地盤改良が必要な場合もあるのでその金額もこの項目に盛り込まれます。

エクステリアや駐車場、屋内外の照明取付など多岐にわたります。

 

 

こちらがウィザースホームの大まかな住宅価格です。

坪単価にして55万円程となり、比較的リースナブルなことがわかると思います。

そのうえ自由設計、基本装備の充実ぶりを考えたときにはとてもお買い得かもしれません。

ウィザースホームの総額は契約前見積もりと差が出る?

 

ウィザースホームで住宅を建てた方のお話を調べていくと、見積もりと支払金額に大きな差は出ないようです。

もともと標準装備が充実していることもあり、オプションを付けることが少ないことが要因の一つのようです。

 

 

 

 

理想の家づくりはカタログ請求から!

マイホームを検討した人の約8割が平均15社以上カタログ請求・比較するという結果が判明しています(リクルート住まいカンパニー調べ)

家づくり成功の秘訣はカタログ集めから始まるといっても過言ではないです。

希望の予算や家のタイプ(平屋か2階建てか二世帯かなど)、メーカーなどから目的に合わせて複数社からカタログの一括取り寄せが可能。もちろん無料です。

【無料】カタログ一括請求はこちら

ウィザースホーム
フォローする
住まいハック