パナホームの二世帯の評判は?坪単価や間取り図などを解説!

スポンサーリンク

出典:パナソニックホームズ株式会社

標準設備や商品の特徴はカタログが詳しい!

☞ 希望メーカーのカタログを無料一括取り寄せはこちら

パナホームの二世帯の特徴、評判は?


パナホームでは多くのお客とのやり取りや調査で「つどいえ」というプランがあり、「融合タイプ」「半融合タイプ」「半独立タイプ」「独立タイプ」の四つのパターンで二世帯住宅を提案しています。

融合タイプ、半融合タイプは旦那さんが奥さんのご両親と一緒に住むタイプの家になっており、半独立タイプ、独立タイプは奥さんが旦那さんのご両親と住むパターンになっています。

融合タイプはほぼすべての空間を二世帯が共有するスタイルになっており母と娘で助け合いながら子育てがしやすいモデルになっています。

半融合タイプは玄関、LDK、浴室を共有するスタイルになっており後は自分達の空間が確保されています。お互い生活を共にしながら適度な距離を持てるスタイルになっています。

半独立タイプは同じ建物なのですが浴室、キッチン、リビングがお互いに所有しており同じ建物の中でもそれぞれの生活を気兼ねなく楽しめるスタイルです。

独立タイプは別々の建物です。別々の建物にいるのですが両世帯が集まることができる空間を一部屋ほど設けるタイプでほぼ完全独立することでお互いの生活をストレスなく過ごすことができます。

パナホームはこの4パターンに別れていますが、やはり世帯にあったスタイルが選べることができ、またストレスのない生活を送ることができるため評判がいいようです。

「孫と暮らせる」「病気になっても見てくれる人がいる」「子育てがしやすい」適度な距離を保てることによりお互いが助け合えることができている世帯が多く満足度は高いようです。

パナホームの二世帯住宅の坪単価は?


パナホームでは「つどいえ」という二世帯住宅向けのプランが用意されていますが、パナホームの通常の家での平均的な坪単価は60万~80万です。

それからさらに浴室やキッチンを別々につけることを考えたらさらに高くなります。建物を建てる際、大きければ大きいほど坪単価が高くなります。

例えば平屋。建物を建てる時、お金がかかるところは基礎と屋根です。なので平屋は二階建てより高いです。なので、なるべく基礎を小さくし、二階建てにすることが建物を安くするポイントになります。

ですが二世帯住宅だとどうしても大きい建物になってしまいます。そこでおすすめなのがパナホームの「ビューノ」という商品です。

ビューノは建物を大きくせず、縦に長くし3階建て4階建てなどの建築プランがあります。耐震性にも高層マンションの建築工法を採用しており、耐震性についても安心できます。

これなら金額を押さえながら浴室やキッチンを増やすことも検討できるのではないでしょうか?縦に長いので一階、二階をご両親に、三階、四階を子供用にと分ければそれぞれの空間も確保され二世帯住宅と変わらない面積になります。

ビューノのお値段ですが口コミで見たら40坪3000万で坪単価は約77万ほどですが、大手メーカーの二世帯住宅の中では安い方かと思われます。

パナホームの二世帯の間取図は?

それではおすすめの間取図をいくつか紹介したいと思います。

二階建て 78坪

出典:SUUMO

出典:SUUMO

二階建てで78坪の二世帯住宅です。これは先程の4パターンのうちの独立タイプです。建物の右側を両親が使い、左側を子供世帯が使うスタイルになっています。

浴室もトイレもキッチンもすべて独立しておりますが建物中央には共有スペースを設けており、独立していてもしっかり共有スペースが持てているところがポイントです。それぞれ独立した生活がしつつも近くにいることで安心感や気兼ねなく過ごせるようになっています

二階建て 63坪

二階建ての63坪です。この間取りは一階親世帯、二階子供世帯と別れています。玄関と浴室は共有ですが後は独立しています。

またこの間取りはリビングが両世帯側も広いため子供と遊べたり、ゆったりと家族で過ごすスペースをもつことができます。

三階建て

三階建ての一階が23坪二階が25坪三階が18坪トータルで65坪の二世帯住宅です。玄関は共有してますが、後は独立しておりお互いのプライバシーは守られ気兼ねなく生活できます。

一階は親世帯、二階からは子供世帯のスペースで三階にはこども部屋などをもうけています。

先程の例のより坪数が少ないので金額を押さえられると考えられます。

理想の家づくりはカタログ請求から!

マイホームを検討した人の約8割が平均15社以上カタログ請求・比較するという結果が判明しています(リクルート住まいカンパニー調べ)

家づくり成功の秘訣はカタログ集めから始まるといっても過言ではないです。

希望の予算や家のタイプ(平屋か2階建てか二世帯かなど)、メーカーなどから目的に合わせて複数社からカタログの一括取り寄せが可能。もちろん無料です。

【無料】カタログ一括請求はこちら

パナホーム
スポンサーリンク
フォローする
住まいハック